読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

わたしのメディアアート論Ⅳ

前回の続き。 今日から楽しめるメディアアート生活へご招待。 前回は<記録・保管メディア>と言う側面からの人間の味わい方。 今回は、伝達メディアとしての人間について。 「人間がしていることは想像と創造。」 imaginationとcreation。お気に入りすぎて…

わたしのメディアアート論Ⅲ

Ⅲ.メディアアート生活へご招待 メディアアート的に人間を観る。メディアアート的な生活とはなにか。 頭の中で思っていることは、一旦言葉にしてみよう。 という思いつきで書き始めた、この「わたしのメディアアート論」の記事。 これが、いつかの誰かの何か…

わたしのメディアアート論Ⅱ

Ⅱ.メディアアートについて語ってみる メディアアートという言葉を聞いたことがありますか? このブログのタイトルにもなっている「メディアアート」という言葉。 最近だと、「現代の魔法使い・落合陽一さん」の登場等も相まって、昔よりは浸透しているんじ…

わたしのメディアアート論Ⅰ

作品としての人生、 総合芸術としての時代という定義。 その上で、何を創るか。誰と創るか。 どうしたら、世界を作品として見る"目"を多くの人に渡せるか。 Ⅰ.初期衝動 誰かと出会う。「何をされているんですか?」と問われる。 私は適当なことを言うのが得…

こんにちは、さかきみやこです。

メディアアート生活へようこそ REALIVE CONDUCTOR、 AI時代のライフスタイルのデザイン、 ワークリエーションをしております。榊みや子です。