読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

キミの眼は今日何をみた?

日常生活楽しんでますか?

アンテナを立てれば、街中が遊園地になる。



自分の好きなタイプの隙間を探してみよう。





都会の川は、ガードがかたい。



アパートの隣に、忽然と近代建築が現れる。in_恵比寿


のぞきみ。



瓦礫の街に見える。




想像力を膨らませてみる。



今度はこういうのを作ってみよう。

瓶の中に、街を閉じ込める。

紙袋でもいいかもしれない。


景色を思い出すとき、

たいていそこに、他に人はいなくて、

たったひとり存在する自分は、いつも自動的に主人公になる。


でもその場合、

本当の主人公は、

自分なのか、

それとも、周りの街なのか、

わからないね。



でも、

その一人きりの空間が、心地よいんだよ。

それを形容するに「孤独」って言葉は、

大げさすぎて、ふさわしくないな。


自分が今いる場所が、景色が、

舞台だとして、

舞台を見渡す限り、自分以外誰もいないってことは、

自分のパーソナルスベースが、

自分の陣地が、

自分が、

その空間いっぱいを、占拠しているということ。


ひとりじめ。


つまり、

その空間=自分ってことだ。


ひとりになりたいのは、

感傷に浸りたいからじゃない。

独占したからだ。



そこまで一気に考えて我に返った。


いかんいかん。

最近パラノイア気味です。


だから、今日は人に会えて楽しかった。