読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

【オーストリア行ってた】第5話:実はまだ一日目の話しか書いていない。

続きます。


本当は一気に書くべきなのだろうけれど、

結構頑張って書いたら、持久力が切れてしまったのだ。

ごめんなさい。


オーストリア2日目。

起きたら晴れてた。



当たり前だけれど、

初めて見る、晴れてるウィーン。


ヨーロッパ絵画みたいな色の空。






気分がいいので、うかれて散歩に繰り出した。







泊まったホテル、正面から見た所。

普段は学生寮らしい。


安宿なので、ほんと寝るだけの所だったけど、

とってもワールドワイドなお客様層でした。





これは、路駐なのか? 正しい駐車なのか?

ウィーンのドライバーは運転技術が高い。

みんな、ぎりぎり駐車が上手。





それにしても、嘘みたいに晴れたね。










路面電車も、バスもものすごい早さで街をすり抜けてく。

でも、すごく安心できる。


みんなかなり路上喫煙してるのに、

道にはそんなに吸い殻が落ちてない。


オーストリアは自己責任の国だなって思った。


それぞれがちゃんと自分の采配で動いているから、

上手くまわっている国。


その精神性が、とても素敵だなと思った。

日本人と比べて、素敵な所を見つけた。


2日目のオーストリア、そろそろ頭も回りだした。

日本でいうと冬の朝みたいな、異国の空気の中で、

そんなことを考える余裕ができてた。





コミックとかフィギュアとか。





ワーグナーん家。





こういう囲まれている所好きだな。

日陰感がたまらない。なにかをこっそりしたくなる。





路地裏らしい路地裏。




結構長いことぶらぶらして、朝の散歩も満喫したので、

ウィーンにしばしの別れを告げ、





リンツに向かうことにした。