読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

全力失踪。

逃げ出しました。




抱えきれなくて、放棄しました。




逃げ込む先は、埠頭か、ニュータウンといつも相場が決まっています。



思い出した。


中学生の時、私は人と人の関係を、

「Infinity Cross」と表現した。


無限交差。


人生の中で、色々な人と会って、

交わるんだけれど、結局離れていく。


90°の角度で交差して、もう一生会えない。

でも、そうやって続いていくんだと思っていた。

高校生の時、私は周りにいる好きな人たちとの関係を、

「彗星と彗星」と表現した。


気まぐれにねじ曲がった、個性的な軌道を歩むもの同士だから、

今、ここで交われた。出会えた。



でも、気まぐれな軌道で進むことが、その人のアイデンティティならば、

出会えた彗星と彗星は、いずれ別れることが宿命。


ずっと誰かと一緒にいると、彗星は彗星じゃなくなっちゃう。




そう思って、関係を切って、逃げた。

安定と幸せは最大の敵。

そして、大学を卒業しようとしている今。


排除傾向にあった、人との関係が愛おしくなってきている。

いっそ、全人類と恋人だったらいいのに。


そしたら、いつでも会いにいけるし、抱きしめられるし、気兼ねなく話できるのに。


欲張りなんだろうか。








そんなことをぼんやり考えていたよ。


ニュータウンと夕暮れはとても相性がいい。







































そんなくだらないことばっか考えて、

考えなきゃいけないはずのことには、一切触れずに帰ってきた。

つくづく適当な人間だ。


とか、いいながら、ブログ書いてるんだから、迷惑な話だよね。

言ってどうなる。

いや、写真のせたかったの。

綺麗だったから。それだけ。


しょうがない、自分小二病だから。

考えたこと誰かに言わないと、次に進めないんだ。


とかいいながら、生きてこうと思う。


ごめんね。


ブログなんて一種のエンターテイメントなんだから、

話半分に聞いてくれればいいんだよ。