読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

正気に戻った。



延滞していたDVDを見た。 まだ途中までだけど。



普段、途中でとめることなんて、あんまないのに、

突然途中でとめて、部屋の電気をつけて、

文章を書くことにした。




本当は月曜日までに、返すはずだったのに、

つまり、今日の朝10時までに返せばよかったのに、

何か見たくて、DVD借りに行ったはずなのに、


なのになのになのになのに多いな。


結局、鑑賞する機会。いちどもなく7日が経ったみたい。



一週間あっという間だった、という気はしない。

いつも通り一週間は長くて濃厚。



どうせ一週間単位の延滞なんだから、今、急いでみなくてもいいし、

延滞っていったっても、たかが300円なのに、

なんか焦って見てる。


しかも三本も借りて、ひとつも見ていなかった。

明日の朝、返すつもりなんかな。





卒業制作終わりました。

応援してくれた人とか、手伝ってくれた人とかありがとう。

ぎりぎりもぎりぎりで、仕上がりました。


こんなの↓。繋がりがわからないと思いますが。






























部屋を暗くして、DVDを見ると、良いですね。

作品に入り込んじゃっていいです。

でも、終わった後、ほけーってなる。

見てる時は、物語の中の人々と語らってるけど、

終わると、そこはただの深夜の自分の部屋で。

静かで。



何かを制作して終わったとき、

気がつくと、散々に散らかった部屋と、

「あれ?・・・」だけが残される。

それに気付くと、ほけーってなる。



秒針が聴こえない。

タイムラインが見えない。

今が、一点に感じる。ここはどこだ。


あらあら変な感じ。これは中二病とは関係ないはず。




心ここにあらず。いや、行方不明。

文章打つのに、キーボード英字のままだったり、

パスワードなのに、ひらがなだったり。ぼけてる。


たぶん、心は熱海らへんに、温泉旅行に行ってしまったんだ。

ババンババン♪





やることがないとき、気がつくと、

伸びた爪に亀裂を入れて、指で爪を切り取ってみたり、

ささくれを静かに攻めて、拡大する作業に精を出しはじめます。

なにかしてないと、落ち着かない気質なのでしょう。

だから、煙草を絶えずすったりしてみたりするわけだ。



さっきまで、まき散らして、喋り倒して、しゅごーって動いて、

うっひゃー、ってモノをつくっていたはずなのに。

あんなに突然、太鼓の達人叩きまくってみたりしたのに。


なんだこれは。


実際、燃え尽きるほど、燃えてはいなかったはず。





モノをつくる人間として、こういう時の気分もきっと大切なので、

こういう時の気分とは、

どういう状態で、何を考えて、どう見えているのか、

しっかり観察してみようと思います。


何かの役に立つだろう。

だから、取り繕わないことにした。





卒業制作展は、たしか金曜日からです。

たぶん毎日います。映像作品なので、特にいても意味ないのですが、

毎日いて、ほけーっとしている予定です。

海近いし。


事前に、 行くよ。 って言ってくれた方、

よかったら、いらっしゃる前に軽くメール下さい。

心の準備をしておきます。何話そうかなー、とか。


 
書く言葉に、擬音語が多いということは、

きっとまだ、よく現状を把握していないんだと思う。


人のこういう日記は、読むのたまに苦手だけど、

___わざと、ひたってるように思うから。

でも、自分で書く分には、どんどん言葉が出て来るから不思議だ。

自 分 勝 手 。


ますますブログってなんなのか、わからなくなってきた所で、

映画の続きにもどります。

なんで岩井俊二作品借りたんだろ。

何かにひたりたかったのかな。畜生。



最後に、最近気になった言葉を。



『独り善がりな奴には
 独り善がりに言ってやんないと
 その独り善がりさが
 いかに独り善がりかが伝わんないだよ。』



自分の勝手さが、いつかなにかを壊すんじゃないかと、

心配することもたまにありますが。


こんだけ垂れ流しといて、全く冗談じゃないけど、

喋りたりないんだと思う。