読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

3日目続き。九頭竜湖→金沢[懐古中]

さて、放浪から既に帰ってきているものの、
中途半端は、今後の人生のためにもよくない。


ってことで、


http://d.hatena.ne.jp/hisui0/20100324/1269456714

の続き。いきます。


3日目後半〜、ダイジェストでどうぞ。





【前回までのあらすじ。】

5日間放浪をしようと決めたひすいは、
1日目、2日目と都会での行動パターンが抜けず、
あまりに、慌ただしく行動してしまう。


せっかくの放浪なのに、これはいけないと思い直し、
ついに3日目、九頭竜湖で一日を過ごすことを決心する。


九頭竜湖駅についたは良いが、湖までは往復13kmあるとのこと。


次の電車が来るまでは、約三時間。


ということは、・・・、

余裕もって、1時間6km歩けば良いのか。

60分だから、10分1kmでいけんな。


どれくらいの速度よ、それ。

原付が時速30kmだから・・・、その1/5の速さ・・・。





だめだ、全くイメージがわかない。





まあ、いいか、行こう。







ということで、3日目続きはじまりはじまり〜♪




【最初の挫折。歩道が、あるっちゃあるレベルしかない。】





【自動車専用道路の標識はなかったはずなんだ。】





【まさか、この下を徒歩で通る日が来るとは・・・。く、暗くないか?】





【通ってみると、意外と素敵。雪のしたたる音。テクテク。】





【工事してる。誘導員みたいな人に道聞いたんだけど、あきらかにあきれてる。
 これ以上いくのは止めよう。】





【そして、湖。ダム湖のようだ。色がなんとも不思議色。】



さて、もどろうかな。





【郵便局発見。手紙をだしたらおもしろいかなと思いつく。】





【駅帰ってきた。ほっ。】





【電車到着まで、時間があったので待ち合い室で手紙をかく。
 ストープの香りが優しくていい感じ。】



でんしゃきたー。







九頭竜湖線を途中下車。越後大野駅。】





【駅にあった。色々願いながらゴーン。電車の中にいる人にも届いたかしら。】





【綺麗やなぁ。】





【秘密兵器"俺のチャリ"登場。レンタサイクルで借りたのよ。】



自転車のると、すっかり地元の人になった気分になるね。





【調子に乗って、街の外れに。ここで育ったら、変わってたかしら。】



そろそろお腹がすいたんだけれど、

周囲に食べ物やさんとかなさそうだ。


コンビニとかないかな・・・。

駅の周辺って観光客向けのお店しかないんだよな。


実際人は、ちょっと離れた所が生活圏なはずだ・・・。



そうだ。





【じいちゃんをストーカー。おらおら、そっちに街があるんだろ!?】





【じいちゃん作戦成功。ローソンを発見。見事に紛れ込む"俺のチャリ"。】



そのあと、無事に駅に帰還。


福井まで戻って来る→

金沢まで、進む→

スーパー銭湯へ→

金沢で宿泊。と相成りました。



最後の方は、iPhoneの充電がなかったので、写真なくてごめんなさい。


旅は、折り返し地点。4日目に続きます。