読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

自分を客観視すると、指摘したところはたくさんあるんだ。

カスタマイズ世界。

彼は自分の今生きている生活範囲の中で出会う人と、話が噛み合いませんでした。


彼はネットの世界を知り、遠くの人と知り合う術を手に入れます。


そこにあるのはカスタマイズ世界。


彼はネットの世界を探検して、

自分の元々持っている思想と似た人(文字)を見つけては、

自分の世界に組み込みます。


「僕と同じ意見だから、僕の世界にいてもいいよ。」


言ってることつまんないし、好きじゃない。

訳わかんないよ。って人は彼の目の前から消えてなくなります。


周りにはべらすのは、彼のご機嫌を損ねない人々。

いや、人ですらないな、それ。


情報は人じゃないことに彼は気づきません。

新しい情報は、彼を新しい言葉で表現しているだけです。


彼の世界は大きく広がっていますか?


いや、広がってない。

広がったようにみえるだけ。

だって、昨日も今日も自分の考えが穢されないように、

守るためのレンガを探し続けているようなものだもの。


彼が本当に誰かと出会いたいなら、

生活の方で探検しないといけないね。


会話をするという極めて難しくて苦手なことを、

やりつづけなきゃいけないね。


勇気のいることだね。