メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

脳のクセ。脳の個性。

f:id:hisui0:20160429021414j:plain

「みなさん。今この瞬間も考えてますか?」

 

人って、考えで忙しい生き物。

 

これを読んでる時だって、

「ふーん、なるほどねー」

「なにそれ、意味わかんない。」

 

常に、自分の考えが浮かんでは消え、浮かんでは消える。

人の話聞いてる時だって、

副音声みたいに頭の中で喋る。喋る。

 

はやくはなしおわんないかなー

 

『Don't think. Just feel♪』

 

考えずに感じることは、

今の日本人にとっては、

辛いこと。

 

ーLINEの返信はお早めにー

答えを、選択を起きてる間は迫られて。

・・・既読。にならないように配慮せよ。

 

ーこれは、仕方のないことなんだ。

この状況をプラスに捉えようー

・・・頭の中で変換しないと、だめになりそう。

 

感情を、受け止めたら、

やってられない。

悲しい、辛い、もうやだ、いなくなりたい。

 

そんな、黒い感情に支配されないように、

脳はいつもフル回転。

 

考えて考えて考えて。

 

心が苦しまないように、

精いっぱい、防衛。

 

脳には3つのクセがある。

 

①部分だけを取る

②違いだけを取る

③過去と繋げて取る。

 

どうしても、上のプリン大きく見えちゃう。あれですよ。

おんなじ大きさなのにさ。

 

f:id:hisui0:20160429021414j:plain

 

事実をフラットに正確に捉えようとしても、

歪んで伝わっているが脳の現状。

 

「え、私感謝されたことなんてないよ」

いやいや、いつもありがとうっていってるじゃないの。

 

「あの人だから、できたんだ。」

他人と自分をオートで比較するのがお好き。

 

「今回も、きっとうまくは行かないと思う」

過去のイメージが未来を邪魔する。

 

覚えていて。

 

人間は脳で、この世界をみている。

脳が、この世界を創ってる。

映し出してる。

 

あなたが世界をどう思うかで、

世界は創造されるんだ。

 

脳は不完全。

 

部分でなくて、全体。

違いじゃなくて、同じ。

過去じゃなくて、今ここ。

 

そっちは、認識できないように創られている装置。

 

じゃあ、どうしたらいいの?

不完全な世界で、どんどん自分ひとり孤立していくのか。

 

 

他人と違う私。

過去のイメージに拘束されただめな私。

この身体に閉じ込められた、考えで創られた小さな私。

 

その自分、抱きしめて、どんどん独りになって、

安心も信頼も発言も失って、

開き直って、全部あきらめて笑うのか。

 

ちがうでしょ。

真面目に怒るよ。

なにそれ、悔しいじゃない。

 

あなたは、そんなもんじゃない。

可能性を限定してるのは自分だということを理解するがいい。

 

無限の可能性。

漠然としたイメージでなく、

本当にあなたは、無限の可能性から、今ここを選択出来るんだ。

 

それを、可能にする認識技術。

早く、そっと君に届けたい未来からのプレゼント。

1日あったら、鍵を渡せる。

出会って欲しい、最高のライブ。

http://www.nr-japan.co.jp/service/break/nr-1day/