読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

ヒ-060702「非言語主義」

イメージでとらえた世界は、言葉にするとつまらないものになってしまう。

だからずっとそれを大切にしてきた。

 

言葉に変換しても、みんな「へぇー。意味わからん。」で終わる世界。

こんなにも美しいのに、残念な気持ち。

伝わらないなら、言わない方がいいや。

伝わる人にだけ、言えばいい。

そう思っていた。

 

そこから見える景色が、私のアイデンティティ

感性レベル落として、その世界見えないようにした方が、

生きやすい現代社会とはわかっていても、

その景色から目を背けたら、

二度と見えなくなるような気がして、

味気ない大人にはなりたくなくて、

ずっと大切にしてきた庭のようなもの。

 

無くなることが怖いと、他のものに対しては、

あまり思わないけれど、

感性だけは、無くなるのが怖いんだ。

 

言葉にする努力をしてみよう。

そして、

手放せるかしら。一旦。

そこから見える世界にだけこだわるのをやめてみようか。

察する力も生かしながら、そうではない心のセンサーも使ってみる挑戦。

これは、一大チャレンジだな。

 

「自分」と「自分の宇宙」のうち、

自分がなかなか消えないタイプ。