読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

capitulo05 ワークリエイションとはなにか

revolution/革/認識が世界を変えていく

友人から、

「ワークリエイション頑張ってね〜」とLINEが来た。

何、それ最近流行ってるの?

って聞いたら、どうやら私が夢の中に出てきて言っていた言葉らしい。

ワークリエイションってなんだろう。
夢の中の私は、
一足お先に何を始めていたんだろう。

War-creation?
穏やかじゃないな。
ある意味、今やっていることは平和的戦争という見方もできるけどさ。

じゃあ、
Work relation?
仕事つながり?(笑)

関係性で仕事する
っていう意味では、いい感じ。
でも、これじゃワークリレーションだな。

workreation

これかなー。
仕事✖️創造=W✖️K
Kから始まるkreationが
なんだかドイツっぽいし、
ドイツ好きだし(安直)

Workはどちらかというと、
物理学で言われる仕事のイメージがいいな。

"物体に一定の力 F [N] を加え続けて、その力の向きに距離 s [m] だけ動かしたとき、その積 F × s を、力が物体にした仕事といいます。量記号に W を用います。"

これですね。
わけわからない?

人生のこと考えるとき、
物理学はいつも役に立つ。

私の言葉で言い換えるなら、
仕事とは、
誰かが誰かに対して力を使い続けた結果、その人の現在地が動くこと。

心が動くような出来事を、
創造し続けること。

さらに言うなら、
物体が持っている仕事をする能力
=エネルギー。

その仕事の原動力は、ワクワクしたい心のエネルギーからなる。

これ、理想だなぁ。

ワクワクした心が生み出す、
コト。事件と言い換えてもいい。

それによって、人が動いて、
出会って会話が生まれる。

自分の見てきた世界を交換しあって、新しい世界が生まれる。

人とお金の流れが、
同時に自然に起こる。
そして、仕事は次の仕事を生む。
そうやってみんな繋がっていくこと。

中心なんてない。
全員が中心。
ネットゲームみたいに、
全員が主人公。


無から有を生み出すしくみ、
わかってしまったので、
何をどうすれば仕事の基本単位を生み出せるかは、わかっている。

あとは、その能力を応用活用していくことだな。

うん。やりたいこと見えてきた。
今日はこれを新しい街で膨らまそ。

f:id:hisui0:20160724114825j:plain