読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

はじめに

なにかがきっかけで、
突然もう解散したバンドの曲を聞いて、
過去の作品や、インタビュー記事を読み漁るような、

そんな、出会いが最近あって。


相手は、西田幾多郎さん。
哲学者の方。

今、自分の中で一番エモい人。


いきなり著書を読もうと思ったら、

3秒で「だめだこりゃ」ってなったので、
解説本から読んでみることにした。

 

哲学は、好きだけど苦手。

言葉の定義が精密なのと、
言葉以前の世界をを言葉で語るところに
もどかしさを感じてしまう。

相対世界の中で絶対世界を語らんとする、
先人たちの努力、
言葉の結晶、
知恵の発露。


言い回しや表現の美しさにあやかりたい。

私は、言葉を音的に並べるというか、
ニュアンスで使ってイメージを構築しよう
とするきらいがあって、
それぞれの言葉の定義を正確に規定していく、
論理思考は苦手なんだけれど、
そのトレーニングも兼ねて、
西田さんを知っていこうと思った。

まずは、現代書館から出版されている
『FOR BEGINNERS 西田幾多郎』から読んでいこうと思う。