読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

1年前のあなたは、今日の君を見てなんて言ってる?

まだ見たことのない自分のファンになる。


あー、今年は死に切ったーー!!




2016年1月1日。1年前。

私は契約社員としてコールセンターに出勤してた。


お正月なんて、みんなシフト入れたがらないから「いいですよ。」って言って1日仕事してた。


ほぼそこに居るだけの1日だった気がする。


会社っていうシステムの末端に居るというポジションは、

非常に効率が良くて、


特にコールセンターなんて、

その中でも1番win-winで、


サービスを提供する会社としては、

「いつでも受け付けますよ」って、

そういう形をお客様に見せたい。


だから

「その時間、何人待機している」

ということに対して、お金を支払う。


雇われてる側は、

自分の時間を売って、お金を頂く。

一生懸命やろうが、さぼろうが、

関係ない。


居てくれれば、いい。

居れば私の1時間は1800円くらいに換金される。


チャリーン。



そのシステムは、

さながら、和菓子屋さんのショーケースに並んだ和菓子のようだと思った。


並んでいることが大切。

売れない草餅くんもいるけど、

お店やってますよって、お客様に感じていただけることが大切なんだ。


でもさ、






私は、和菓子じゃねぇよ。

和菓子人生は嫌だ。





そう思って、

2月でその仕事を辞めた。


その仕事には、すごく感謝していて、またその話はいつか書くけれど、


会社というすでにある枠組みの中で、すでにある業務に最善を尽くしても、何も変わらないんだなって、実感した。




「一人一人の個性を生かして」


なんて言ってられない。

暇がない。


利益を上げるには人件費を下げる。

効率的に。合理的に。

こちらの望み通り動かない人は要らない。


その土台の上で動く限り、

私の作りたい世界は創れない。


だから自分でつくることにした。


そんな2016年。




1年あれば人生は大きく変わる。


仲間ができて、

つくりたいものがわかって、

やり方がわかった。


あそびたいあそびたいあそびたい

遊んで人生暮らしたい。

そう願った結果、その通りになった。


文化祭準備期間みたいに、

毎日真剣に遊んで過ごしてる。


上等だ。


後は繰り返せばいい。


2016年は死に切る年と決めていた。


自分の想像の範囲のこと全部出し切ってやろうと思った。


願い通り、事件だらけの一年が生まれ、飽きることなんてなかった。



動いた分、結果は返ってくる。


2017年は遊び切る年にしたい。


泥だらけになって、駆け足でニコニコ家のドア開けて、

あらあら、大変。っていうお母さんに矢継ぎ早に、

今日はね、今日はね!って、本日の仲間との冒険譚を自慢して喋りたい。


そんな感じがいい。

嘘なく笑える毎日がいい。

そのためには「ぬああああ!もう!なんだよ、畜生。」っていう日があるのもおもしろい。


ありがとう。2016年。

君の背中はとても気持ちがよかったよ。

1年間安心して過ごせた。


さようなら。もう二度と会えないね。

たくさん遊んだから、忘れないよ。

2016年という年のことを。




Ctrl+S



そっとセーブして、2017年に行きます。


2016年1月1日の私は、今日の私に拍手をくれるだろう。


おもしろいじゃん、君。

なかなかいいね。


ありがとうございます。



そしたら今度は、私の番だ。

2017年12月31日の私に期待しよう。


まだ見たことのない自分のファンになるということ。


ちょっとくらいプレッシャーかけといた方が、きっと頑張ろうとするだろうから。






今年をつくった全ての思いに敬意と感謝を。

出会ってくれてありがとう。


良いお年を。


J humind association

榊 みや子