読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

ADOBE色の空(暗い話大丈夫な人向け)

久しぶりに曲創りたくなって、昔の曲を掘り起こした。

大学の時にやっていたバンド「Prime number」

macbookはバックアップ取らずに、何台か壊しちゃったから、

昔の正式な音源って数えるほどしか残ってない。

 

なんだか無性に聴きたくなって、

昔のメールでデータ共有のために添付したつくりかけのファイル漁って、

何曲か聴いた。

 

これは今聴いても悲痛だなと思うし、私の根っこだと思う。

いちばん最後に、歌詞を載せました。

何とか紡いで、言葉にしてもらった歌。

soundcloud.com

ADOBE色の空』

この頃は、大学でメディアアートやって、音楽やって、

毎日パソコンとお話しながら、「なんか作品を創ってやろう」、

それで「人の心を動かしてやろう」って躍起になってた。

 

所詮、言葉じゃ、会話じゃ、

 

わたしの思ってることなんて

伝わんないんだよ。

 

って諦めてた。

 

 

だから、音楽で、作品で、想いで、

少しでも、誰かと手を繋ぎたい。

 

それが唯一、わたしの世界と繋がる手段だった。

 

 

でも、

 

 

天才じゃないし、

 

『この』想いを形にするっていっても、

いったいどんな形なんだよ。

 

わかんないわかんないわかんない。

 

夜まで友達とスカイプして、ちょっとは楽しい心地で、

その後引き籠って、ああでもないこうでもない、

音を探して、形を探して、

 

ああだめだ。

 

独りで煮詰まって、

気分転換にコンビニ行って、

誰も起きてない街は寒くって、

急に淋しくなって、

消えたくなって、

 

なんで生まれてきたんだろう。

なにしてるんだろう。

どうしたらいいんだろう。

 

 

 

答えがない。未来がない。夢もない。

 

 

 

生かしてもらってるんだから、使命を果たせよ。

「生きてることは素晴らしい」ってよくみんな言ってるぜ。

 

そう思いたいけど、使命ってなんだよ。

ぶっちゃけ、したいことなんて無いよ。

音楽しかできないから、音楽してんだよ。

 

でも、伝えたい。表現したい。外に出したい。

このよくわかんない『これ』はなんだ。

 

わからない、伝わらない、通じない、共有できない、

誰もいない。逃げ場所が無い。

 

ふつうができない。

 

適当に笑って、ウエーイって、恋バナとか、食べ物の話とかして、

笑ってみたい。

 

でも、できない。

 

全然おもしろくない。

それじゃない。そうじゃない。居場所がない。

この榊みや子を出す相手がいない。

やたら苦しい。でも、外では普通に笑えちゃうから、困ったもんだ。

 

でも、死んじゃだめだ。

 

なにか、見つかるまで、

なにか、伝えるまで、

死んじゃだめだ。

 

 

 

たくさんの意志みたいな何かに、

期待されている感じがする。

それを裏切っちゃいけない気がする。

 

今生きてるんだから、

やれることをやれよ。

 

死んだ人は、

やれないんだから。

 

幽霊とか見えないし、霊感とかないし、

よくわかんないんだけど、

たくさんの人の想いみたいのに、

期待されている気がして、見守られてるような気がして、

今をこの手で終わらせられない。

 

 

気のせいって言ってもいいよ。

考え過ぎ、思い込み、妄想。

好きに言えばいいよ。

 

でも、

それくらいしか、

すがるものがない。

 

この世界とコンセントを繋ぐものがない。

 

悔しくて、怖くて、逃げられなくて、

存在価値のない自分を殺したい。

 

 

生きてるのに、何もしてないなら、

死んでるのと同じだ。

だったら、死んでる方が、

こんな答えのない苦しみを感じなくて済むなら、

さようならしたい。

 

いますぐ、ここから。

さようならって。

 

 

でも、

 

 

できない。

 

 

 

 

「生きてく」ってこと。

 

今日といういう日が、

積み重なって、いつか、

「生きてて良かった。」

って笑える日が絶対来る。

 

その時、あんたは、最高の仲間と一緒に笑ってるよ。

絶対そうなる。

よくわかんない確信だけが底の方にあって。

 

だから、今日はこれでいい。

未来の私が笑うなら、今を苦しみやがれ。

 

この想いをここで殺したら、

また繰り返す。

 

この想いを知っている人が生き残らなければ、

この想いは無かったことになる。

 

未来、いつか。

これを持っている私で良かったって笑いやがれ。

お前が居なくなったら、同じ思いを持ってる人に、

誰が共感するんだよ。

その人を殺すな。

深夜3時。

心の痛みは見えなくて、もどかしいから、

物理的な痛みに変換しながら、冷静を取り戻そうと時間は過ぎる。

朝をじっと待つ。

 

そんな、誰も知らない独りきりの葛藤の夜が明けて、

泣きすぎて、怒りすぎて、疲れて、

気分転換にカーテンを開けると、

朝焼けが綺麗。

 

きれい。

きれい。

 

きれいすぎる。

これじゃあ、まだ居なくなれないじゃないか。

 

なんかずるい。

やめてくれよ。

そんなに期待されても、わたしはこんなだ。

今すぐ消えてしまいたいのに、

また世界に優しい顔をされて、

まんまとほっとして、ほの明るい部屋に戻る。

 

明るくなって、ちょっと安心して、

そのまま寝落ちする。

 

そんな頃の言葉と音。

 

おかげさまで、その未来とやらにたどり着いたぜ。

君の犠牲の上に、私は成り立ってる。

願った通りの未来が来たよ。

 

仲間と笑いながら、毎日面白おかしく遊んでるよ。

 

心から感謝を。

どこまでも連れて行ってやる。

過去の私。

****************************

ADOBE色の空』DEMO

作詞:椎津直紀
作曲:榊みや子
編曲:上里周平

(*******の部分の歌詞は未定)

 

左上の原点(0,0)
(800,600)の四角を開いた。
『最初の線はどこへ引こうか』
************

 

窓越しの空 青色の声
眠りについて 目覚めは13時
************ 夕暮れの声

 

目の前の空 遠く広がる
見慣れた街を 掠めて行った
強く光った飛行機雲 

 

赤い空が消える前に 青い空に還りたい
黒い闇の白い部屋で 強く願う心を書き出した。

 

幾つもの色が染み出した
心を重ねたグラーデーション
一瞬の隙を開け放つ
美しいADOBE色の空

 

目の前の空 遠く広がる
見慣れた街を 掠めて行った
強く光った飛行機雲 

 

赤い空が消える前に 青い空に還りたい
黒い闇の白い部屋で 強く願う心を書き出した。

 

幾つもの色が染み出した
心を重ねたグラーデーション
一瞬の隙を開け放つ
美しいADOBE色の空

f:id:hisui0:20170304231141j:plain