メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

Lasslos/幻/想像力を解放する

0308|なんでこんなこと考えているんだろう

なんでこんなこと考えているんだろう それはずっとある疑問で なんでわたしはこんなこと考えるんだろう なんでそんなことしようとするんだろう 心の中を深く掘り下げていっても 「なんとなく、」 そんな期待外れの答えしかみつからない この変な感傷だって謎…

0206|零れ落ちたまま歩いてていいよ、僕が拾うから

1度目の再生 リアルタイム進行 ログを残しますか? はい ▶いいえ (そうか、だったら僕が代わりにおぼえておくから、君は忘れていいよ) 全部覚えておくのはいいけれど これ、どうやってつかうのか よくわかんないんだよな 僕に権限をちょうだいよ きっとも…

0128|enthusiastic

分岐点と感じた どうしたのさ、そんな冷静な語り口 分岐点なうだよ 人間に一番影響を与える環境は人間 人間を動かすのは環境 たった一つのテクノロジーで 感情も行動も生活も たやすくころっと入れ替わる 熱狂になってしまえばいいのか? 形を抜け出して動き…

1211|残響音、剥がれて消えていった

どうやら2時になるまでは身動きが取れないらしい 新しいことをしようとするときは大抵そう 一度目はうまくいかない だけどこれはジンクスのようなもので 良き出会いの時は必ず最初うまくいかないという暗示をいつからかかけてしまったようなので 甘んじて受…

0903|シニカルホームポジション

電光石火のようにOSがアップデートされていく新たなコードがリライトされる 忘れちゃいそうだ忘れてもいいのかもしれないだけど、バックアップは取っておきたい 変わったことに気づかないのはまだちょっと怖い 差分をとって比較できるように 手放してもい…

0721|このブログを書いたら寝る。そう言い聞かせるけれど、きっと寝ない。

2作目描きました。 LassLos - 無碍(Pure tone)です。 新月シーズンというのもあるのかもしれないけれど この絵を描き終わったら、 ふっと、力が抜けまして いつものあの 「あれ?なんでこれ描いていたんだっけ?」状態に はいりました。 集中できる時に集…

0705|「開いて、あの表示が出ていたらLassLosに行けるらしいよ」

絵を描きました。 タイトルは『諦念』 一言添えるならば、 「矜持を持て。孤高を喰らえ。」 解説は、今のところなしで。 たぶんいつかするよ。 言いたくなっちゃうと思う。 今色々考えていることがあって、 一旦、引き籠ろうかなと思っている。 隠居隠居。 …

0608|世界と仕事をはっきりさせる

これはこの間の満月。 6月6月未明の3時あたりから 月食だって聞いたものだから 深夜3時、街を徘徊しながら、満月に話しかけたり、 すっかり眠った街や、まだ動き回る車のヘッドライトに 話しかけながら歩いていた。 さあさあ、満月。 しかも、半影月食。 月…

0505|虚構を作りたい

「事実という幻想がつまらなすぎる 事実が幻想に負けるほどに夢で虚飾したい」 「器を変えれば世界は変わる。 何を変えようか」 「セーブしないゲームデータの2020年。だったら何をする?」 最近のテーマはこの3つ。 ずっと考えていたいから、紙に書いて机の…

0428|誰の意見もどうせあてにならない

ハロー、こちらGW前の緊急事態宣言中の東京より。 日々、過去の常識がアンロックされていく感覚がある。 はい、もうこれつかわなくていいですよ。と。 もうしばらくしたら、 昔は何を中心に考えて どんな意識状態で暮らしていたかなんて すっかり忘れてしま…

0318|おつかれさま。もう存在しなくていいんだよ

今、宇宙づくりをしているのだけれど、 一緒に作っている友達とこういう話になった。 「こっちの宇宙が最初からあきらめていることがあると思うんだよね」 「こっちの宇宙は等価交換だから、これだけ多様な宇宙を作るのと引き換えに何かを引き換えにしていて…

0316|宇宙の外のことを真面目に考えてみる

一個前のシーズンで狂気について考えていたんだけれど そのアンサーが生まれて、 宇宙を作ることにした 多くの人がさ、宇宙の中のことを考えるのに エネルギーを使っている 家庭のこと、仕事のこと、人生のこと 社会のこと、地球のこと 宇宙のこと だけどさ …