メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

0219|未だ接点は見えない。

偏愛・こだわり・情念・執着・好き、嫌い。

そういった言葉に反応した。

 

近頃、これらに該当するセンサーが反応していないように思う。

人の話をさえぎってまで

名誉のために語らせてくれよというくらい

愛しているものがない。

 

人の話をさえぎってまでするといったら

自分のアイディアや考えの話だったりして、

自分から出てくるものを愛するのはいいけれど

愛の対象物あってこそのこだわりというものが

世界から消え失せるのは

なんだかかなしいとおもって

今この文章を書いている。

 

好きなものはある

好きな音楽も

好きな漫画も

好きな雰囲気も。

 

だけれど、それもまた違う。

愛の対象としては

好きなものがある世界というのは

素敵なことだとは思うのだけれど

愛の対象はいつでもどこにでも

見出せるものの方が

いいと思うのだ。

 

偏愛。

愛してやまないもの。

意地を張ってでもめでたいもの。

それって何だろう。

 

それと同時に、

わたしの研究テーマやステートメントとは何なのだろう。

アーティストステートメント・リサーチクエスト。

 

あの人たちみたいに過去の文献や思想を根拠に

きめ細かな思考を展開するのは、

きっと自分には向いていないのだろうなと思ったうえで

それでも解像度が低いまま

解像度が低いなりに解像度をあげていきたいのだ

 

全てが感覚でもいいじゃない。

感覚の解像度のあげ方だってあるはずだ。

 

ここまでの問いは2つ。

 

一つはわたしの偏愛とは何か。

もう一つは、わたしのアーティストステートメント・リサーチクエストとは何か。

簡単に言うと、私のアーティストとしてのテーマはなんやねんという話だ。

 

偏愛。

それは狂気に近い何かだろうか。

きらめきを発掘したときはその美しさに見とれる。

きらめきとは人。

だけどそれはごくまれで、

どうせ見つけた人は、早いか遅いかの差だけで、

皆から認められ、その人の考えが世の中のあたりまえになっていくから

そのフェーズにおいてはもう、そんなにきらめかない。

 

狂気。

何を狂気と感じているのだろうか。

闇ではない。

負でもない。

ズレ感?

 

それを作っているかというと

作っているものと狂気は直接関係ないように見えるな。

ほっていったらどこかで合流するのかしら。

 

作っているものは、外から見るのと内から発信するので

だいぶ評価の変わるものをよく作るな。

内からだけで考えると何を作っているのだろうか。

セーブポイント、レットゴー。

こうなるはずじゃない。できないと思ってるけどさ。

っていうのが強いな。

 

だが、今できないと思っていることないから

そのモチベーションで動くことはできないのか。

 

空想の中に

理想像が浮かんでそうなっていない時に

無理やりその形に持っていこうとするのが

好きなんだよな

 

どうせなっちゃうし。

 

では、今必要なのは、さらに欲を出すことか。

それと、作りたいものと偏愛とステートメント

 

ここまでをまとめると

いやまだまとまらないな。

もう少し材料が出しが必要。

 

作りたいものは、今特にない。

いつも基本ない。

誰かの話を聞いて閃いて、提案して

それをやっているというのが基本活動。

自分から作りたいものを出したことあるかな。

完全自発ってそもそも人間あり得るのかしら。

そったく同時じゃないのかねそこは。

 

外からの刺激と中からの欲望5050で

生まれる的な。

 

今外からの刺激ってなんだか来ているかな。

メッセージ。

狂気?偏愛?twiter見てても面白くない?

お告げ。

風が吹くときにだけ吹く。

 

中からのキーワード、狂気。

 

作りたいものなし。

 

未だ接点は見えない。

しばらく問答を続ける。

f:id:hisui0:20200217040250j:plain

 

0217|360度は0度

わかってもらえなくても問題ないものを純粋に書きたくなると

ここにやってきてしまうな。

 

今、必要なのはアロマのような狂気なんだろうな

わたしの好きな狂気探したいな

それをそう呼ぶのがふさわしいのか

いまいちピンと来ていないのだけれど

 

感性に頼るか 知識に頼るか

揺れている。

 

知識に頼って紡ぎあげる世界も

美しそう

だけど行間が。

 

損なわれてしまうなにかがありそうで

そっちには行ききれないでいる

 

何かをなくしてしまうなら

しっかり美しくないと嫌だ

 

喪失という額縁に入れるならいいけど

忘却という日常に溶け込むくらいなら

なくしたくない

 

この間気づいたけれど

全ての変調の原因は

また、死ぬことを恐れる

人間の特性に

いつの間にか戻っていたということで

生きるとか死ぬとか

また考えちゃってたなって

反省したのだが

 

今生まれた気分と

ずっと生きていてこれからもずっと生きていく気分は

何か違うのだろうかと

二つのバージョンやってみて

比べてみた

 

役割が変わるだろうことは

はっきりしているんだけれど

いまいち心が傾かない

 

折り返すのか

違う線に乗るのか

なめらかなのか

 

確信がないだけで

全ての反応が順調に計画通りなんだろうとは思うんだけどね

 

なんだかパッとしない

 

そして水星逆行か。えらいこっちゃ。

 

未知の探し方は単純で

ひたすら対話を続ければいい。

 

相手は自分で、他のものをその対話の中に入れてはいけない

純粋な自己対話によってのみ未知は生み出される。

 

コラボレーション作品のようなものだ。

 

今、話すネタものないのよね。

だけど、だらだら世間話から始めるか。

 

755.

f:id:hisui0:20200217040250j:plain

 

 

report1026|発芽状態は上々。なんの花が咲くかわからんがとりあえず大事に育ててみる。

f:id:hisui0:20191026210824j:plain


こういう時は、眠いんじゃなくてきっとお腹が空いているんだと思うんだけど

面倒だからタバコを吸ってやり過ごそう。
 
13日単位で過ごす日常。
気づけば13日が過ぎていた。
 
振り返ってみよう。そして、今一度、次の目標を立てよう。
 
前回の13日は、きっかけをもらった人と編んでいた13日間。
 
話を聞いたり、収録をしたり、物作りをしたり、会にお邪魔したり
ベーシックインカムバイトやったり、フリーランス仕事したり、
美味しいもの食べに行ったり、映画見たり、美術館行ったり
わりとぎっしりめでしたね。
 
このテンポとリズムに体はついていけるのかと
尋ねたら、半分イエスで、半分ノーだ。
 
なんか微妙に疲れているし、毎日マッサージしたりなんらかのリラクゼーションを
していかないと多分維持できない。
 
精神の方はどうかというと、
とりつかれがただから、何かにとりつかれながら物事を進めている時は
疲れたとかなんとか認識する能力がないもんな。
 
あとになってどっと押し寄せる。
 
この13日で獲得したものはなんだ。
仕事は回り出した。
種まきからふたばくらいまで出た。
 
このまま全部育ててもいいし、
間引くのもいいと思う。
その方が栄養が取られないもんね。
 
間引くにしてもまだわからない。
どんな花が咲くのか見えない。
っていうのが現状かな。
 
今回の種達はどっちに転ぶかわからないから
丁寧に育てていきたいんだよな。
 
育てることに意味があるっていうかんじだろうか。
 
なんだか珍しや。
 
というわけで、発芽した種はこのまま
丁寧に育てるとして。
(あんまり面倒見よくないから、途中で枯れちゃったらまあ仕方ない自然淘汰ということで。)
 
育てる側の環境はどうだ、環境とはこの肉体さんの方。
 
うーむ、おわりが見えないものやできないかもしれないものを、たくさん抱えるのは疲れるなあ。
 
手を抜いてもやれることと、気を引き締めて探索していかないとやれないことをいい塩梅にした方がいいのかもしれない。
 
今回の13日間は後者が多過ぎた。
 
手を抜いてもやれることを増やしておこう。
手を抜いてもやれることは、作業時間が読めるから楽だ。
 
あとは、成長のための作業と、やることに意味があるクリエイティブもバランスを考えなければ。
 
作業は集中力が高まって面白いけれど、反動で疲れる。
 
こう見ていくと、疲れないことを目的にいろいろ考えているみたいだね。
 
なんで疲れることを避けようとしているのだろうか。
 
疲れることも考慮に入れて、スケジュールを組んだらいいのか。
 
疲れても大丈夫なスケジュールを組もう。
 
これが多分テーマの一つ。
 
あとは、どの大きさになるのかな。
これがもう一つのテーマかな。
形を整えて行こう。

report1003|ラグジュアリー虚無とやらを訪ねて

f:id:hisui0:20191003111908j:plain

 

最近こんなことしている。

いい感じツアー。

 

友人がレポートを書いてくれたので、

シェア。この人の書く文章の正常と異常のバランスが好き。

 

note.mu

 

↑ 是非読んでちょ。

 

 

 

report1001|風景から光景へ。あなたの世界を鑑賞したい。

noteの方に書いた、#風景から光景へのその他の写真をこちらに貼っておきます。

 

わたしはあなたの世界観を鑑賞したい。

 

そして、毎日あーだこーだ考えている人と、お互いの見ている世界について話をしたいのです。

 

気が合う人いないかな。

密かな期待をして、今日も文字を綴っております。

 

風景から光景へについては、noteの方を読んでみてね。

 

f:id:hisui0:20191001132725j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224437j:plain

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224515j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224626j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224703j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224935j:plain

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001224811j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225003j:plain

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225033j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225107j:plain

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225139j:plain

 

*5秒間眺めたら、下にスクロールしてください*

 

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225207j:plain

 

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225240j:plain

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225307j:plain

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225348j:plain

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225536j:plain



 

 

f:id:hisui0:20191001225613j:plain

 

 

 

f:id:hisui0:20191001225647j:plain

 

 

著:サカキ

twitter.com

report0922|情報を減らして選んだものをじっくり鑑賞するか、大量な通知設定をしていらないものは容赦なく削除していくのがいいバランスだろうな


f:id:hisui0:20190922123311j:plain


情報を減らして選んだものをじっくり鑑賞するか、

大量な通知設定をしていらないものは容赦なく削除していくのがいいバランスだろうな

 
突然だけど、新幹線と各駅停車どっちが好き?
 
新幹線って気持ちいいよね。
 
ビューンと乗り心地も爽快だし、
座り心地も良くって 
シートもきれいで、
目的地にサッと・チャキッと時間通りに着くもの。
 
例えば、東京から大阪行く時だってさ、
品川を出たら次は、すぐ新横浜でさ
小田原なんてとっとと通過しちゃって
とりあえずビュンビュン移動できる。
 
でもさ、
新幹線に100回乗ったら→そして、1000回乗ったら
なんだか作業みたいになっちゃって、
楽しいとか・気持ち良いとか無くなってきちゃうんだよね。
 
そうしたら、ちょっと残念になって、さみしくなるかもしれない。
 
新幹線に慣れちゃったのかな。
最初の方の、あのワクワク感はなくなっちゃったなって。
 
そうしたら、新幹線に乗り続けて、
なんとか楽しもうとするのもいいけど、
 
各駅停車に乗りなよ。
 
各停は楽しみ方が変わるよ。
見る場所も変わるよ。
何もない駅で よくわからないまま10分間停車したりするよ。
 
景色がゆっくり見えるよ。
ずっと海の地域は、海ばっかりずっと見えるよ。(これが進次郎構文か。)
 
「さっきからずっと景色が変わらないなぁ」って思いながら、
地元の人で混み合った 4両編成の電車の中で、
アナウンスされた時は漢字がイメージできなかった駅名を、
「そういう字だったの」と10分〜15分間隔で解明しながら、
 
高速運転している時は、心に思い浮かばなかった
色々な感慨を心に生成しながら各駅停車は進んでいく。
 
速度が速いと、こんな気持ちになる暇がないからね。
 
 
9月22日。今はこの各駅モードを取り入れるのがいい気がする。
速度を落として、鑑賞時間を増やす。
 
そして、かならず想う。
出会ったものを通りすごさない。
 
通り過ごさないっていうのは・・・えー、あれだ、
 
「こんなとこにも、またタピオカ屋さんできたねー」
以上。
 
っていうやつね。
これは通り過ごしてる。
 
これは記号として世界を処理する振る舞いだ。
全然出会っていないじゃない。
 
・新しいタピオカ屋さんができたことについて私はどう思っているの?
・他のお店とこのお店って外観とかデザインとかどう違う?
・それについて私はどう想うの?好き?嫌い?
・この壁の色好き?
・お客さんどんな人が多い?
・好きな顔の人いる?
・店員さんどんな漢字?
・厨房とお店の中どんな感じになってる?外から見える?
・周りのお店の反応どんな感じ?
 
鑑賞時間を伸ばすということは、観察テーマと自分への質問が増えるということだ。
+「感じる」という言語層でない部分で、どう感じるかという印象を楽しむ。
 
これは各駅停車な生き方でないと、できないことだ。
新幹線だったら「あ、タピオカ屋」と気付いて終了か、
もしくは気づきもしないかもしれない。
 
 
まあ、ぶっちゃけタピオカ屋はどうでもいいんだけど、
本当に鑑賞したいものの鑑賞時間を伸ばすと世界変わるよ。
 
美味しいご飯とか、好きな街とか、お店とか、好きな人の話やインタビューとか
そういうものと対峙した時は各停・鑑賞モードを発動していい時期だと想う。
 
味わって。
 
そして一方、大量の情報→どこで何が起こっているのかは
新幹線どころかセスナくらいの速さで
あちこち飛び回って記号を収集する。
 
この時大切なのは
必要じゃないものは撃ち落として、
必要なものだけ回収するということだ。
 
 
最近、twitterを情報収集用にみることやめた。
欲しい情報に当たる確率が低くなってきたからだ。
 
そのかわり、キュレーションサイトのタイトルだけ流し見して
興味があるものがあったら、何も考えず自分用のdiscordチャンネルに情報を転送している。
 

f:id:hisui0:20190922123418p:plain


世の中の情報は大抵が
どこでなにをやっていますよーか、どこで何を売っていますよーなので
場所・タイトル・時期だけ記号的に回収しておいて、
自分がその場所に行った時に、見たり買ったりすればいい。
 
だから、その時鑑賞しない。
記号処理のように、興味があるものだけ秒でアーカイブして
大量に処理する。
 
そして興味があるものを取りこぼさないように
日々センサーを磨いておく必要がある。。
 
センサーの反応速度と精度を上げるために必要なのが
各停モードでじっくり鑑賞した時の世界と自分、自分と自分の対話量だ。
 
何を想い、何を感じ、何が好きで、何が気に入らないのか
何が言えるのか、何を言いたいのか。
 
じっくり鑑賞した時に対話した分だけ、経験値がたまりレベルアップしていく。
 
 
立ち止まり、速度を落として、じっくり鑑賞する。
 
飛び回り、速度を上げて、記号だけ、回収する。
 
この2つで9月22日以降しばらくは
いい感じで過ごせるんじゃない?
今そんな感じの世界の雰囲気を感じている。
 
では、また。

Report0917|何度考え直してもその答えしか見つからん

f:id:hisui0:20190917091434j:plain

うーむ
 
ずれているんだろうな。
 
残念ながら私もあなたに興味がないし
あなたも私に興味がなさそうだ。
 
 
どっちを基準にしてかんがえるかって
 
それだけなんだけどな
 
何回もこのずれに立ち会って
 
いつもはちょっと色気を出して
 
そっちに行ってみようかななんて
 
洒落た気持ちで散歩しに行ってみたけど
 
今回はこのこっちの
 
人のいなさそうな登山道から登ろうかな
 
うん そうしよう。