読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

今年最後の日記。

今日は実家から更新だから、写真がアップできない。

後で追加するつもり。

文章だけで面白みがないかもしれないけれど、よかったらご覧ください。



 昨夜実家入りした。家の玄関は鍵がかかっていたけれど、昔やってた「アノ」方法で侵入した。母に会って「アノ」方法を使ったことを、早速咎められたが、それもまた懐かしくて面白かった。相変わらず、部屋の中は石油ストーブの香りで満たされていた。知らないうちに地デジと大きいテレビがあることに驚きを隠しきれなかったが、それよりも自分がまだ身長が伸びているらしきことのほうがびっくりした。家が小さく感じる。内緒で90%縮小かけた?


 父は用事で出かけているという。たぶん社交ダンスの練習だかなんだかだと思う。みんな好き勝手やりたいことやってるから、たった3人なのに全員そろうことはあんまりない我が家。自分も今年は早めに帰るといいながら、結局帰ったの30日だし。しかも、このあと友達の家泊まりにいくし、母、明日朝6:00から仕事だし。


 お互い「今日はあんまり時間ないから」を合言葉に、間髪入れず話して、見せて、夜ご飯となった。それにしても母、元気だな。よかった。私の記憶に貯蔵されていた母の3倍速くらいでさっきから動いてる。と思いながら、ほほえましくお話を聞かせてもらう。


お父さんに内緒で。とかいいながら、二人でなべとマグロといくらをむしゃむしゃ食べた。テレビはついていたけれど、二人ともぜんぜん聞いてなかった。


いい感じ愚痴っぽくなってきたところで、バイトおわるよー。と友人からメール。いい感じで区切りがついて助かった。あのまま話し続けていたら、母が普通のおばちゃんっぽくなるところだったよ。60代のくせして小学生の男子みたいにさばさばしているあなたが好きなので。


自転車を借りて、友達と合流しに駅へ。その格好じゃ寒いからとか言われて、装備品が増えてもこもこしたまま夜の街へ。久しぶりの自転車。母のだからサドル低っ。電気つけるとうるさっ。あいかわらずこの町じゃ、車は横断歩道で止まる気配を見せないし、西友の駐車場は謎の盛況ぶりで、つくづく地元にいたときの気分を思い出してしまったが、嫌な気分はせず、むしろうきうきしていた。数年前だったら、楽しめなかっただろう感覚。夜の自転車っていーねー☆ルンっ♪くらい楽しかった。


てっきり改札から出てくると思っていたのに、友人は自転車できやがった。おかげで声をかけられてものすごく素リアクション。そりゃもう、「どうしたの?」っていわれるくらいに。髪の色を見て、「ジャッキー。」といわれる。心当たりがなかったのでとりあえず「チェン?」と聞いてみたら、いや違うよ。と普通にかえされた。イメージがジャッキーだそうだ。特に何かのキャラというわけでなくて。


その後、ふらふらと自転車で平行走行しながら彼女の家へ。駅前の店変わったねー。なんてたわいもない話。家についたら、家族の残りの鍋にご飯混ぜて、雑炊作ってくれた。彼女の料理も彼女の家の料理も旨いから、「夕飯食べた?」って聞かれて咄嗟に、そんな食べてない的なニュアンスをかもし出してしまった。神様ごめんなさい。実は、たらふく食べた後でした。


あんこう鍋なんかな?あんこう初体験。そして、カキまで入ってた。おおー。なんかすごい。犬の散歩から帰ってきたお母様もコタツに合流して、レコード大賞を鑑賞。まーーーったーーーーぁり。


ごちそうさま。ということで、二階の彼女の部屋へ。パラダァイス。私この部屋大好き。そうそう、今日は彼女の修羅場を手伝いにきたんだった。とはいても、執筆が終わるまで待ってて、できたら誤字チェックしたり、ひとりで感極まったり、ホチキスとめたりする簡単なお仕事。だから、暇なときは部屋にある本読み放題。最高だねこれは。いつもどおり最近のお勧め動画を紹介してもらい、作業開始。彼女は執筆中必ず何かを聞いたり見たりしている。すごいな。だって、ぜんぜん内容と違うもの見てるんだよ。今回は、インディーズプロレスだった。ダッチワイフが戦ってるのが面白かった。あと、本屋でプロレスやってるのとか。プロレスはじめてみたよ。印象変わりそう。ひとしきり笑わせていただき、まじめタイムへ。文学全集も気になったけれど、やっぱり漫画をみることにして、ごろごろしていた。仮面ライダーキバキバットのおもちゃがかわいくて、なにかと弄っていたけど。そこからは、30分に一言レベルで勝手にやってた。この空気が好きだー。さらにいうと、この空気の中で寝るのが好きだ。これ以上の幸せはないんじゃないかと思う。自分のうちに友が泊まりに来てもたいてい私は真っ先に寝る。泊まりにいっても寝る。翌朝、よく怒られるけれど、本当ごめんなさいだけれど、気を許しているからできることなんだ。許してくれ。


そんなこんなで、やっぱり寝て、「できたよー。」って声で目が覚めて、半分寝ながらホチキスとめて、あと30分で出かけるっていうからもう15分ねかせてっていって、また寝た。ああ、幸せ。


朝は、駅までついていった。私は、昼間から家族で出かける予定があったから。マック食いたいっていうから、便乗して、彼女は持ち帰り。私は店内で。がんばってねっていって別れた。本当は、この後もう一人会いたい人がいたんだけれど、時間的に会いにいけなそう。今年中に会っておきたかったんだけどな。とか思いながら、メール。このまま、家帰ってもなぁと思って、思いついて、探検することにした。




珍しく、事細かに書いてみた。

人の私生活なんて読んでもしょうがないでしょうが、

今日ばかりは書きたいから書いてしまいました。


探検の成果は、機会があったらまた書きます。

もう、出発しないといけないので、行きます。

たぶん、栃木に行ったらネットに触れないので、これが今年最後の日記になると思います。


メディアアート生活を、ヒスイレイを、一年ありがとうございました。

おかげさまで、生き延びてこれました。

来年なんて、すぐ来ます。すぐ会えますね。


それでは、最後に。




さよなら2009年。ありがとう。