読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

夢みたいなもの

これはきっと思いこみなんだけど

覚えていることがあって

 

忘れたくなかったことがあって。

 

絶対に忘れないって

あの時思ったんだろうな

ってことしか

覚えていないんだけど。

 

きっと悔しかったんだろうなってことと、
託そうとしたことくらいしか、
思い出せないんだけど

 

後のことは、

すっかり忘れているんだけど。

 

ほんとごめんねって思う。

申し訳ない気持ちはずっとある。

 

だから、いまここにいるんだよって、
それはわかっているつもりだけど。


だから今日も生きているのだけれど。

 

どこかで、くすりと笑う、

その気配はわかるんだけど

 

今は、見えない

 

それは、約束だった気がするから

しかたないよね。

 

ごめんね

君の望むとおり動けているかな

ちゃんと気づけているかな

確信はあるから心配はしないけど

そうであることを切に願う

 

たまにもらえるサインのようなもので

大丈夫なんだって、

勝手に思い込んで

ひとりで喜んでいるよ

 

ありがとう。

 

きっと言葉にすることが、
今、必要な気がしたから、


どこかで読んでいるかもしれないから、
書いてみました。

 

それでは、これからもよろしく。

 

夢みたいなものだっていえば、

許される気がした。

 

そうでないってことは、自分が一番わかっているけど。