読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

【わたしの宇宙論】人生はRPG。

】この世界は何のためにあるのだろうか。なぜ私は今ここにいるんだろう。電車の窓から外を眺めていると、よくぞこんなに色々つくったなぁと感心してしまう。誰かが街の設計をして、それを誰かに伝えて、デザイナーが家の図面を書いて、建築屋さんがそれを建…

【わたしの日本論】どこかにしまい込んでしまった日本らしさを探し出す。

日本人の強みって、 理屈じゃないところにあると思う。 欧米が分析して、 理論づけて積み上げた世界を見て、 憧れと誇りと意志だけで、 ねばって、超えて行っちゃう。 不恰好だけれど、 ひとりひとりの内に灯る炎が結集して、 壮大なことを成し得てしまう。 …

【わたしのチーム論】毎日が文化祭準備期間。

何かに集中していると、たまに無敵モードになることがある。 完全にひとつの事しか、見えていない状態。 普段だったら、躊躇しそうな心理的ハードルをなぎ倒しながら、やりたいことの実現に向かう状態。 後々振り返ってみると、よくまあやったなあ。と自分で…

【わたしの教育論】深夜2時のあの気持ちを忘れない。

やりたい。やりたくない。 この「たい」と「たくない」が世界を変える原動力。 感情・感覚が人を動かす。 感情・感覚を制する者は、全てを制する。 人を生かすのも感情・感覚。 嬉しい、充実している、心穏やか、ほっとする。 もうちょっと頑張ってみようか…

【わたしの人間論】全員、主人公の世の中を。

『何のために生まれて 何をして喜ぶ わからないまま終わる そんなのは嫌だ』 ご存知ですか?アンパンマンマーチ。 よくよく噛みしめてみると、壮大なテーマ。 「何のために生まれたのか」という未だに多くの人が解決できていない問い。 この人間共通のテーマ…

2020年TOKYO尊厳OLYMPICやりたい

「私は絶対こうする」という思想を保てる精神状態は、 ある意味、狂気です。おかしいんです。 でもその狂気を持っている人は、幸せだと思うんです ー吉田松陰・超訳「覚悟の磨き方」 滝川クリステルさんが『おもてなし』を世界中に発信した日、 「え?ほんと…