読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

ハ-0607「背景非共有」

archive/庫/ケーススタディ

『背景を共有しているから、話が伝わる。』

だったら、背景を共有していない相手とは何も伝え合うことが出来ないのか。

 

思った以上に、伝わらない原因は、

今、思ったことしか話していないから。

 

それだけを全力で発信するコミュニケーションスタイル。

その結果、返ってくる反応は、どれも的外れと感じてしまう。

「やっぱり伝わらないのか。」が蓄積されていく。

 

仕方ないよ、あなた。

背景を話していないもの。

 

話した言葉が、全て。という世界もあるのだ。

「話していないことは察してくれ。」という暗黙の了解コミュニケーションは、

ともすれば思い込みの固まり(とも言える。)

 

言葉以外で疎通し合うのは、あたりまえじゃないんだという気付き。

コミュニケーション不全の原因。

自分のあたりまえはあたりまえじゃない。

でも、それに気付けない。

人間の悲しみ、此処に在り。

 

どこまで話せば、上手くコミュニケーションがとれるのだろうか。

次の課題はそこ。