メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

capitulo03 デザイナーみたいに生きるということ。

朝起きた瞬間の閃きは、

一番冴えわたっている。

ピュアで、シャープで、
未来からの予言みたいに
確信めいてる。

昨日色々と経験したことが、
一点にまとまって、
そういうことだったのかー。って
納得しちゃうくらいの
シンプルな閃き。

これ、
メモしておかないと
すぐ忘れちゃうんだよね。
毎日大切に掴み取りたいものです。

先日お魚さんを見に行きました。
おっきい水槽、
下から覗き込んだら、
お魚はみんな無重力を漂ってるみたいに、優雅で、神秘的で美しかった。

なんで、みんなずっと泳いでいるんだろうね。
頭の中、どうなっているんだろう。

ペンギンもずっと、空を見つめているし、アザラシはずっと寝てるし、クラゲは顔がないのに、ずっと力強く動いてた。

人間は考えすぎなんだろうな。

ただ生きるってことができない。

言葉を持ってしまったから、
意味を、価値を求めて、
理解を求めて、不安を作って、
そのかわり、目的と達成を味わえる。

ペンギンはありがとう。って表現するのかな。
明日までにこれをやってやろう。
とか計画立てるのかな。

巣を作る動物たち、
羽化する蝉、

彼らは、目的を立てているようには見えない。
ただ素直に、今やるべきことをオートでやっているように見えるのですが、そこんとこどうなんですかね。

どなたか、動物の方いましたら、教えてください。

ただ楽しむってことを最近はチャレンジしているよ。

今までは、
どこにいっても何をしても、

目的があるか、

頑張ったご褒美だから、
今は遊んでてよし。
って許しているか、

未来のために何か学ばなくちゃって、

過去か未来に囚われていた。




今ここだけがある感覚。

選んだ今を、謳歌すること。

楽しみを共有すること。

ちょっとずつだけど
わかり始めてきた。

ライフスタイルをデザインする。
仕事を創造するworkrelation。

テーマが続々と揃ってきている今日この頃。
あと、1日で感動のフィナーレ。

25日は時間を外した日。
26日から磁気の門が開く。

来年のキーワードは、
解放
溶かす
解き放つ
自己発生
触発する
エネルギー

さて、どんな1年をデザインしようかな?

f:id:hisui0:20160723184743j:plain