読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

ソ-110801「総和=0」

archive/庫/ケーススタディ

人との距離感に関する話題。

 

近付いてもダメ、

離れてもダメ、

 

そんな場合、君ならどうする?

 

 

「ちかづく。ことについて」

 

それは、してはいけないことだ。

そんなことしたら、覚えてしまうだろう

人と一緒に居られる安心感を。

 

 

そんなもん『無』いんだから。

ないんだから。

 

馬鹿じゃないの?

期待した自分を嬲り殺したい。

 

一瞬でも、だまされるんじゃない。

それは、にせものだ。まやかしだ。嘘だ。

つくりものだ。何度言ったらわかるんだ。

 

 

気を許すな。

足元をすくわれるぞ。

 

 

 

「はなれる、ことについては?」

 

あきらめていいの?

終わらせていいの?

最後の希望を、

唯一の可能性を、

自分の手で手放すというの

 

ようやく、扉をノックしてくれた

その人がそこに居る

 

それを待っていたんだろう?

 

(そんなこと言わないでほしい。認めたくない。)

 

その手を離したら、

もう、

 

二度と機会は訪れないかもしれないよ

 

(そんなこと言わないでほしい、考えたくない。)

 

どうするの?

 

(そんなこと言わないでほしい、決めたくない。

 決める勇気がない。)

 

ちかづきたい

はなれたい

ちかづきたい

はなれたい

ちかづきたい

はなれたい

 

そのループなんて、人はしらない。きづかない。興味ない。

付き合いきれない。ひとりでやってれば。くだらない。

暗い。わからない。わかってあげられない。

だいじょうぶまにあってますからこまらせないでくださいふれないでくださいでも、

 

妄想レベル最高潮になって、

そんな悩んだふりしてるのも、虚しくなって、

論点も良く定まらなくなって、

それを人に伝えようとしている事さえ愚かな気がして、

 

 

 

 

→「RESET」←

 

 

 

 

全部白紙に戻した。

総和ゼロ。

 

何事もなかった、ある日の夜。

 

「どうかした?」

「いや別に?」

 

それですべては、元通りだ。

 

これでいい。

これ以外、術を知らない。

 

 

イメージの中でひととおり完結。

脳内で暴れて騒いで、外に漏れることもなく

現実世界は今日も穏やかだ。

 

でも、なくなったわけじゃない。

 

いつか、反撃しにくるぞ。

 

BGM:for+ - Treow X AVTechNO! - YouTube