読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

夜の過ごし方

f:id:hisui0:20170117015239j:plain


オレンジの薄明かりの下

かべもおふとんもわたしも
全部同じ色になっちゃって
電子機器とWi-Fiを全部OFFにして
しばし切り離された時間を楽しむ

心とお話をする時間
質問とこたえ。
ゆったりとくりかえす

究極にひとりで
究極にひとつの時間


今日もわたしのからだは
心がささやく声と繋がっていられただろうか

今日もわたしは
素直でいられただろうか

今日もわたしは
ていねいに人と出会えたかしら

今日わたしは
世界を更新できたかしら

問うと
こたえがくる

どこかからわきあがってきた
わたしがこたえだす

心の奥の方に
今はいないたくさんの人の想いが広がってる

思い込みでいいから
その声に耳を澄ませてみる

ただじっと
受け取ろうとするだけでいい

気のせいでいい

誰かがわたしに何かを伝えるなら
それをつかみたい

もしわたしが今ここで
思いを果たせず明日目が覚めなかったら

わたしの宇宙はそこで終わる




でも、想いは終わらない。

生きた間に発したことが。
表現したことが。
伝えたことが。
響かせたことが。
笑いあったことが。
心を動かしたことが。

この世界に保存される
受け継がれる

想いは死なない。
死なせないよ。

そうやって
見えない想いを伝え合って
今がある。 

わたしの心の奥には
その人たちの声がいる

誰だってそう。

その人たちもわたし
今のわたしを構成するもの

わけもなく泣けるのは、
通じ合っているから。

想いが通じた時って
嬉しいじゃない

伝わらないのって
さみしくて悔しいじゃない

思い込みでいい

わたしの中にはぜんぶがある
わたしはぜんぶだ

どうか応援をください
ひらめきをください
力をわけてください
あなたたちの想いもわたしに預けてください
一緒に動きましょう




生きてるわたしは明日も動きます。
からだがあるのはありがたいことで。

今、世界を動かせるのは、
生きてる人の特権。

こんなチャンスをくれてありがとう。
だから、思いっきりやるね

生きてるわたしは動きます。



対話が終わったら今日がほどける
無意識の海に放たれる

今日が終わる

明日はどんな世界を作ろうかしら。

そんなこと言葉にする間もなく
わたしがとける。





そんな夜が好き。