読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

人生RPG 『アソブ×カセグの章』(2)

前回の続き。

hisui0.hatenablog.com

ぼうけん開始。

 

過去と未来をイメージせず、

今ここだけに専念すると、人はひとまず「ゆるゆる」になることがわかる。

ゆるゆるでのんきな人を見た時にどう思う?

 

人によって違うと思うけれど、のんきな人より悩んでいる人の方が、

なぜか好きな人がいる。

 

おもしろいよね。「人間っぽい」って安心するのだろうか。

 

人はわからないもの・未知のものは恐怖の対象だ。

だから、『わーい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+』ってだけなっている人をみると、

よくわからなくて怖くなる。

人によっていろんな感情が出ると思うんだ。

 

楽して100万稼ぎました!とか、

遊んで暮らしてます!とか、

辛いことひとっつもないよ!っていう人をみると、

 

むかついたり、うらやましかったり、関係ないふりしたり、

疑ってみたり、逆に心配してみたり。

 

みんなラクして楽しくてわーい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+ってなってたら、

本当は嬉しいはずなのにね。まずはここから手を付けないとね。

そんなことを考えていた。

新大阪→東京行きの新幹線の中、

名古屋過ぎたあたり。

 

新幹線の中でもFacebook上で、気付いたことの発信やコメントのやりとりをしてた。

 

『今ここだけ』感じて生きるってどんなだろう。が体感として感じられてきた頃。

 

 

「今」しかないと、欲望は起こらないのだと気付いた。

 

今だけを切り取って全てに満足してしまうから、こうしたいとか、ああしたいとか、

あまりそういうのがでてこない。

 

それはそれで満たされてる。

 

でもせっかく人間として時間を移動して生きられるんだったら、

欲望とか感じたいなぁと思った。

 

欲望がないと動きが生まれない。

今全部叶っちゃたら、明日はいらない。

 

そこで、思いついたのが「未来の予約」という考え方。

 「今」しかなくてもいい。

でも、過去の記憶アーカイブは活用する。

インプットに対するリアクションを活性化させる。

 

何がいいたいかというと、こういうこと。

 

出会ったもの、風景、事柄、人という刺激がインプットされる。

そうすると、今までの自分の体験経験の蓄積と出会って、

意識空間の中で何かが生まれる。

 

いわゆる、

思いつき、気付き、アイディア、直感、閃き。ってやつ。

言い方は何でもいいけど。

 

まだ、意識空間の中にしか存在していないそれを

『イメージ』と呼ぶことにする。

 

そのイメージを物理空間上に投影させる時に、

(簡単に言うと「現実化」させる時に、)

「今」やるのはむずかしい部分がある。

 

たとえば、

「あ、ハワイ行きたいな」とか、

「このプロジェクトやってみたいな」とか。

 

名古屋にいたら、一秒後にハワイにいるのはむずかしい。

 

だから、未来に予約する。

そこが人間世界というルールのおもしろいところ。

物理的な制約によって私たちは時間旅行を楽しめる。

 

未来をつくる。

未来に延長する。

 

こうやっていけば、過去と未来が今を勝手に作り上げてしまうのではなくて、

今が過去と未来を味方につけているような気がして、

こっちの方が、気が楽だと思った。

 

常に過去と未来がうようよしている状態で今と接すると、

いろいろ複雑で面倒くさい。

 

 

 

 

さて、私の欲求はなんだ?

何を未来に予約する?

 

新幹線はトンネルの中へ。

自問自答は続く。