メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

理解ることと気付くこと

わかることと気付くことは違う。
この違いを感じられるか。

積極的に人間生活を楽しむためには、
この2つの能力が大切になってくると思う。


わかること。
これは「分かる」こと。

•誰かの意見、
•世の中ですでに決まってるルール、
•知識、知恵、
•学校で習うような学問、
•テレビで見るみたいなニュース、
(※これら全部、結局最初に書いた
「誰かの意見」なんだけど´д` ;)

これらを、
AをAとして、そのまま受け取ること=理解すること。

本当は、何も無い。
全ては創られてきたという、
ゼロベースの基準点で物事をみるのなら、
どのように「分けて」きたか。
ということ。

本当は
個々を"違うもの"と認識することも、それぞれのモノの名前も、
意味も、価値も、固定のイメージも、決まりもなかったところから、

人間がどうやって境界線を引いて、分けて、
「これはこういうことだ。」
って定義してきたかを知ること。

それすなわち、理解るということ。

これまでの歴史文明に敬意を払う行為。



一方、

気付くは「築く」こと。

今までに無かったモノを、
自発的に産み出すこと。

未来を創るメンバーのひとりとして、責任を果たす行為。

「時代を創る」という、
人間ゲームにログインするなら、
是非ともやりたいミッション。

新しい意見、考えを受け入れると、
自分の今までの知っている範囲が広がる。

そうすると今までよりも、
イメージできる幅が広がる。

これを、
私はよく「宇宙が広がった」と表現する。

たまに、誰かと有意義なお茶会をして、いっぱい意見交換したあとに、
「いやー、今日はありがと。
 めっちゃ宇宙広がったよ〜!(≧▽≦)」

って伝えた時に、
わかってくれる人と、

( ゚д゚)   ?

っていう人といるけど、
私の意図はそういうことです。


話は戻って、

気付くこと、
宇宙が広がること。



そう。
宇宙が広がると、
その中から新しい星が生まれる。

それが、気づき。
今までわかっていたことと、
新しくわかったことが、
星と星が衝突するみたいに、
ぶつかって、
今まで無かったことが産まれること。
自分の宇宙が更新されること。

わかることと、気付くことで、
人は成長する。

今の時代、この、
気付く能力が育ちづらい。

情報が多いから、
そもそもわかることで、
1日中忙しいし、
ただでさえ、わかってやらなきゃいけないことが山のようにある(ように感じている)

気付くためには、
衝突を起こす必要があるけど、
自分の宇宙の中に、何を築きたいかが明確でないと、
(ビリヤードじゃないけど)
その一点に、新しい情報をぶつけづらい。

気付く能力が、
育ってくると、
ひとりで考えている時も、
自分の宇宙の範囲が意識できるから、
敢えて、そのイメージの限界の外にあるモノを設定して、
それと今の当たり前をぶつけて、
気づきを産み出すことができるようになる。

(とはいえ、人と話した方が、
よりおっきい衝突、ビッグバンは起きるけどね。)

イメージできたら、あとは行動すればいいね。
あとは、やるかやらないか、
それだけで現実は変化する。

ひとりひとりが、
より気づくようになると、
そして、それを周りの人に話して共有しやすいコミュニケーションがとれるようになると、
時代は飛躍的に発展するようになる。

だって、
気付く=クリエイティブ•イノベーション能力。
世界中スティーブ・ジョブスだらけになるよ。
いや、冗談じゃなくて。

無いものを、想像力使って産み出すこと。
新しいあたりまえを現実化すること。
これが、人間のお仕事。

毎日、気づいてますか?(*^^*)


やっと、観術で学んだことが、
自分の言葉で表現できるようになってきた。

今日書いたのも、セミナーでNohさんが言ってたことを、
1年かかってやっと「こういうことか!」って噛み砕けたもの。

こうやって、それぞれの言葉で発信していくことで、
加速的に、観術が使いやすくなっていくことを願ってやみません( ^ω^ )

私たちひとりひとりが、時代という船の乗組員。
それぞれの持ち場で、それぞれのチームプレーを発揮しましょ?

ではまた!
写真は、友達のお家で感動した、
ハンドメイドのドレス( ^ω^ )
形ができるって素晴らしい。

f:id:hisui0:20160804134622j:plain