読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

【わたしの教育論】深夜2時のあの気持ちを忘れない。

vision/光/創りたい未来

f:id:hisui0:20160924225041p:plain

やりたい。
やりたくない。

 

この「たい」と「たくない」が世界を変える原動力。

 

感情・感覚が人を動かす。

 感情・感覚を制する者は、全てを制する。

 

人を生かすのも感情・感覚。

 嬉しい、充実している、心穏やか、ほっとする。

もうちょっと頑張ってみようかな。

 


人を殺すのも感情・感覚

もう嫌だ、やっていられない。
自分なんて。
許せない。
消えてしまいたい。

 

感情の中に入り込んでいる時、
ひとりで抜け出すのは到底難しい。

 

人間の仕組みからいって、
一つの観点にはまり込んだ状況で、
外を見ようったってうまくいかないことは
目に見えている。

 

それ以外の選択が出来る余裕があるなら、
感情にとらわれることなんてないんだから。

 

そんな時は誰かが外から、
連れ出す必要がある。

 

これまでの教育は心の仕組み、
『なぜ私たちは、不安になるのか』について、
教えていない。

 

これからの時代、
それくらいは、みんな共通で知っていたらいい。

 

感情・感覚を制する者が
全てを制する。

 

ひとりで悩むなら、
ふたりで悩んだ方がいい。

 

自分の頭の中の宇宙で手詰まりなんだったら、
そのまま考えても解決するわけがない。

 

誰か宇宙の材料をお借りしよう。

 

ひとりには限界がある。

不完全という美しさを持った私たち人間が、
完全を求めて誰かと出会う。

 

そこではじめて、人間を楽しめる。

 

ひとりで悩むのは辛いよ。
はっきり言ってその先には死しかないから。

 

その感情楽しみたいんだったらいいけど、
そうじゃないというなら、
深夜2時、
逃げ場をなくして悩む人の家に押しかけて、
一緒に悩みたい。

 

ひとりはどこまで行ってもひとりだから。