メディアアート生活

美術館に作品を見に行かなくても、町中に作品は溢れている。話しかければその人の宇宙が始まる。

0=∞=1

「絶対的な宇宙がなくなるまで、あとわずか。」

 

2016年のイギリスの流行語、Post-truth。

"客観的な事実が重視されず、
感情的な訴えが政治的に影響を与える状況"

の意。

 

そう、

日々触れる情報のほとんどが、発信者不明の誰かの意見となった今、
事実はもう力を持たないってこった。

 

みんなが「いいね!」って思う意識の総体が、
世の中のあたりまえを塗り替えていく時代。


これからは、何を本当とするかは、
個人に委ねらていく。


考えを巡らせるそのベースとなる材料は、
自分で決めていい。

決めなきゃいけない。

 

誰かが世間を持っていきたい方向に乗っかるもよし、
自分で1から考えてオリジナルの考えを組み立てるもよし。

 

 

f:id:hisui0:20161227143404j:plain

いや、

 

私は0から考えたいな。

 

 


ありとあらゆる人の意見をぜーーんぶ材料に美味しく頂いて、
自分の信念に従って、0から私の意見を新しくこさえたい。

 

そして、願わくばそんな人が増えてほしい。

 

人がこんなにいっぱいいる理由、

そういうことだと思うんだ。

 

違うから、出会う。
違うから、一緒にいる。

違うイメージが出逢って、新しいものを創る遊戯=人間の人生の究極の楽しみ。

そう定義して、日々を紡ぎたい。

 

 

 

0=∞=1

わたしはこの世界観が好き。

ひとつの動きで、世界を語る。

 

有ることがあたりまえではなくて、
無いことをあたりまえとする世界観。

 

無。

ある:ないの相対を越えた、
絶対無。

 

観測するまで、世界は存在しないんだ。


その基準点に立って、
世界を見た時、
すべてのあたりまえが「有り難い」ことが論理的にわかる。

 

世界を創っているのは、自分であり、
世界のすべては、自分そのものである。

 

みんな繋がってる。
そこから敢えて、分離を創って出会いを楽しんでるのが今と言うものだ。


世界を創ろうよ。
仲間は73億もいるんだぜ。

 

 

2017年、

あなたはどの基準点からものごとを考える?

f:id:hisui0:20161227141251j:plain

photo by haruka